ネット

ドコモ home 5G解約方法まとめ!違約金・日割り・端末残債で損しない方法を解説

ドコモhome5G簡単解約
困ってる人

  • ドコモ home 5Gの解約方法を知りたいです。
  • 解約月の月額料金は?解約金はあるの?端末残債の支払いはどうなるの・・・

 

こういったお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ドコモ home 5Gの解約方法は2通り
  • ドコモ home 5Gの解約時の料金
  • ドコモ home 5Gの損しない解約方法

 

結論、ドコモ home 5Gの解約方法は簡単です。契約期間に縛りはないので、いつ解約しても違約金は発生しません。

ただし、解約のタイミングによっては、予定外の料金が請求されることがあるので注意しましょう。

 

ようた
本記事は、ドコモ home 5Gを損ぜずに解約する方法を知りたい人に向けて書いています。

 

ドコモ home 5Gの解約についてまとめた記事です。本記事を読むと、解約時にかかる費用が正確に理解でき、損をせずにドコモ home 5Gを解約できるようになります。

 

それでは、本題に入ります。

 

ドコモ home 5Gを解約する方法

ドコモhome5Gの解約方法

 

ドコモ home 5Gの解約方法は2つです。解約時にホームルーター端末を返却する必要はありません!

  • ドコモショップの窓口での解約
  • オンライン(My docomo)からの解約

 

ドコモショップでhome 5Gの解約手続きをするためには、本人確認の書類(免許書やマイナンバーカードなど)が必要なので、忘れないように注意してください。

 

現在、ドコモショップは来店前に来店予約が必要になります。

ドコモショップで解約するメリット

ドコモショップにホームルーター端末を持って行き解約すれば、無料で引き取ってもらえます。端末が不要な方は、ドコモショップで解約すると処分の手間が省けますよ!

 

オンライン(My docomo)なら来店予約もなく簡単に解約ができるのでオススメです。home 5Gを契約した時に発行したdアカウントでMy docomoにログインして解約手続きを行います。

オンラインで解約するメリット

24時間いつでも解約が可能です。解約方法は、home 5Gの契約時に発行したdアカウントでMy docomoにログインし、[回線の解約]と進めるだけ。

 

ドコモ home 5Gは解約にかかる費用は?

ドコモ home 5Gは解約にかかる費用は?

 

解約時に気になる料金は3つですね。それぞれ表の通りです。

解約時に注意したい3つの料金
違約金 いつ解約しても違約金は0円
解約月の月額料金 日割り計算なし・4,950円が請求される
端末代の残金 端末代を一括支払いしていない場合、契約後3年以内に解約すると端末残債の支払いが発生する

 

注意したいポイントは、解約月の月額料金に日割りがないことと、端末代の残金の支払いです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

いつ解約しても違約金は発生しない

ドコモ home 5Gは解約時の違約金はかかりません(0円です)。なぜなら、契約期間の縛りがないからです。

 

解約とは別に、電波状況が不十分で利用できないなどの不備があった場合、8日以内にキャンセルが可能です。キャンセルが適用されれば、端末代の支払いは不用です。

キャンセルできる条件

  • 電波状況が不十分
  • 手続きに関する説明が不十分
  • 契約書面が不交付

 

解約月の月額料金は日割り計算されない

いつ解約しても4,950円

 

ドコモ home 5Gの月額料金は4,950円です。解約月の日割りはないので、いつ解約しても、4,950円を支払わなければいけません。

 

例えば、12月3日に解約しても12月の月額料金は満額の「4,950円」になります。

 

解約は、オンライン(My docomo)から即日解約できます。損を少なくするためには、月末に解約するようにしましょう。

 

3年以内に解約すると端末残債を支払う必要がある

3年以内に解約すると端末代の残金の支払いが必要になる場合があります。それは、ドコモの「月々サポート」という月額1,100円を料金から割引くサービスによって、実質端末代が無料になっている人です。

 

要するに、端末代を一括で支払っている人は、いつ解約しても端末代の残金を支払うことはありません。

例えば、家電量販店で一括10円などのキャンペーンを使って、端末代を支払ってドコモ home 5Gを契約した人は、いつ解約しても端末残債の支払いは不用です。既に端末代の支払いは終わっていますから。

 

ドコモhome5G端末残債

ドコモショップや代理店で購入し、月々サポートで端末代を実質無料にしている方は、3年以内に解約すると端末代の残金の支払いが必要になります。

 

例えば、契約から26ヶ月目に解約した場合、27ヶ月~36ヶ月の10ヶ月間毎月「1,100円」の端末代を支払い続ける必要があります。なお、残債の一括清算を希望する場合は、ドコモショップで手続きが必要です。

 

ドコモ home 5Gを損せずに解約する方法

ドコモ home 5Gを損せずに解約する方法

 

損をせずに解約する方法や、端末代の残金を気にせずに解約する方法があります。

 

ドコモ home 5Gの解約は月末にする

ドコモ home 5Gの解約時に注意するべきことは、解約タイミングです。

解約月も月額料金が満額請求されるので、月末に解約するようにしましょう。解約月に月額料金が日割りされることがないので、例えば12月1日に解約しても、12月の月額料金は満額の4,950円になります。

 

ようた
月末にMy docomoで解約するのがオススメです!

 

いつ解約しても端末代の残金を0円にするには?

home5Gキャンペーン一覧

 

月々サポートで端末代を実質無料にしている方は、3年以内に解約すると端末代の残金の支払いが必要になります。

 

いつ解約しても端末残債がかからない方法があります。それは、契約時に端末を一括で購入することです。

家電量販店ではドコモ home 5Gの端末一括0円などのキャンペーンを実施していることがあるので、そういったキャンペーンを使って購入するのがオススメです。

 

3年以上使うので、端末0円で購入するより高額キャッシュバックが欲しい方は、この代理店の専用サイトから申し込んでください。

申込窓口 キャンペーン
GMOとくとくBB
【おすすめ】
18,000円の
Amazonギフト券
NNコミュニケーションズ
【おすすめ】
15,000円の
現金キャッシュバック

 

申込窓口は複数ありますが、上のどちらかがお得に申し込めます!ドコモ home 5Gの入会キャッシュバック特典を比較した記事はこちらでご覧ください。

こちらもCHECK

home5Gキャンペーンお得な申し込み方法
【2022年最新】ドコモ home 5Gの入会キャッシュバック特典を比較!お得な申込方法は2つだけ

続きを見る

 

ドコモ home 5Gを損せずに解約する方法は以上です。

一人暮らしを始める大学生に向けて、ドコモ home 5Gのメリット・デメリットを徹底解説した記事も書いているので、参考にしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ようた

現役大学職員が大学生を応援する情報を発信しています。【経歴】理系大学卒業→大手自動車メーカーに就職→大学職員に転職【趣味】愛する読書でインプットした情報から大学生に役立つ情報を伝えてきます。【モットー】行動力と思考力を鍛えて「二兎を追って二兎を得る」

-ネット