サブスク ライフハック

Amazonプライムフォトの写真を家族や知人と共有する方法と注意点を徹底解説

Amazonプライムフォトの写真を家族や知人と共有する方法と注意点を徹底解説
困ってる人

  • プライム会員ではない家族ともAmazonフォトで写真を共有したい
  • Amazonフォトに保存している写真を友達と共有したい

 

Amazonフォトにはプライム会員の契約者が、プライム会員ではない家族を招待できる便利機能があるんです。

招待されたプライム非会員の家族も、無制限で写真をアップロードできるという超お得!

 

本記事では、Amazonフォトでの写真共有に関するお悩みを解決します。

 

この記事で解決できるお悩み

  • Amazonフォトに保存した写真を共有する方法は2つ
  • 写真を共有する方法を画像付きで徹底解説
  • Amazonフォトで写真を共有する際の注意点

 

本記事を読むことで、Amazonフォトで写真共有するやり方と、共有する前に事前にチェックすべき設定(注意点)が理解できます。

 

ようた
「えっ、この写真も家族に共有されている…」といった事故を防ぐことができますよ。

 

Amazonプライムフォトとは

  • Amazonプライム会員なら、写真が無制限で保存できるオンラインストレージ
  • 動画は5GBまでAmazonフォトに保存可能
  • アプリをスマホにインストールしておけば、スマホの写真を自動でバックアップできる
  • Amazonプライム会員は、5名まで写真無制限のフォトストレージを共有できる
  • Amazonフォトを使って画像の加工・編集ができる

 

それでは、本題に入りましょう。

 

Amazonプライムフォトで写真を共有する方法は2つ

Amazonプライムフォトで写真を共有する方法は2つ

Amazonフォトで写真を共有する方法は2つ。

写真を共有する方法

  1. ファミリーフォルダに招待する
  2. 共有リンク(URL)を送信する

 

家族やカップルでお互いの写真を共有したい時に、ファミリーフォルダは便利です。

また、Amazonフォトの特定の写真を相手に送りたい時、その写真の共有リンク(URL)を発行してURLから写真をダウンロードさせることもできます。

 

ココがポイント

  • ファミリーフォルダ:家族との写真共有
  • 共有リンク:不特定多数との写真共有

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

ファミリーフォルダで写真を共有する

ファミリーフォルダ

 

Amazonプライム会員は最大5名まで招待できる

Amazonプライム会員なら家族や知人を最大5名まで招待して写真を共有することが可能です。

 

写真の共有に「ファミリーフォルダ」を使います。

名前に「ファミリー」とついていますが、家族に限らず友人や恋人、遠方に暮らすおじいちゃん・おばあちゃんと、誰でも招待できます。

 

ようた
プライム会員は最大5名まで誰でも紹介できます。

 

招待するには、相手のメールアドレス宛に招待メールを送るだけ。

※詳しいやり方は後ほど紹介

 

招待を受けた非プライム会員でも写真を無制限で保存できる

Amazonプライム会員から招待された人(最大5名まで)は、『写真なら容量無制限、動画は5GB』まで保存できるフォトストレージが利用可能。

招待された人が、プライム会員でなくても管理者のプライム会員と同様に、写真を無制限で保存できる「個人フォルダ」が利用できます。

 

例えば、Amazonプライム会員の管理者が「お父さん」を招待します。

プライム会員でないお父さんも「写真の容量無制限」で保存できるフォトストレージが利用可能。

 

ようた
招待を受けた人まで、写真無制限で保存できるなんてプライム会員はコスパ高すぎです!

 

ファミリーフォルダで6名分の写真を共有できる

Amazonプライム会員の管理者と、招待を受けた最大5名とを合わせて、ファミリーフォルダでは6名分の写真を共有できます。

 

6名で共有できるの「ファミリーフォルダ」に追加した写真だけ。

管理者と招待を受けた人が、各自のAmazonフォトで保存している写真から「ファミリーフォルダ」に追加した写真だけしか共有されません。

 

ファミリーフォルダに写真を追加する方法は2つ。

ファミリーフォルダへの追加方法

  • Amazonフォトに保存した写真を自動的にファミリーフォルダにも追加する
  • Amazonフォトから選んだ写真のみをファミリーフォルダに追加する

 

初期設定はAmazonフォトに保存した写真が自動的に「ファミリーフォルダ」にも追加される設定になっているので注意が必要。

家族と共有したくない写真があれば、この設定はOFFにしておきましょう。

※詳しいやり方は後ほど紹介

 

共有リンク(URL)を相手に送って写真を共有する

共有リンク2

 

Amazonフォトに保存している写真を「共有リンク」を使い、不特定多数の人に渡すことができます。

 

共有リンクは写真を相手に渡す専用で、上図の通り、一方通行のイメージです。

 

Amazonフォトに保存している写真やアルバムから、共有したいものを選択して共有リンク(URL)を発行します。

その共有リンク(URL)を写真を渡したい相手に、メール等で伝えるだけ。

 

共有リンクの受け手はAmazon会員でなくてもOK

共有リンクの受け手は、送られてきたURLにアクセスして写真をダウンロードするだけ。

写真をダウンロードするのに、「Amazonアカウントでログインして…」といった操作は不用です。

 

ようた
写真のダウンロードをお願いするのに、Amazonを作ってもらう必要はありませんよ。

 

要するに共有リンク(URL)を知っている人なら誰でも写真がダウンロードできてしまいます。

そういったリスクも考えて、パスワードを書いた紙、免許証など機密情報は共有リンクで送らないように注意!

\Amazonプライム公式サイト/

Amazonプライムを30日間無料で使ってみる

\学生限定!Prime Student公式サイト/

Prime Studentを6か月間無料体験を使ってみる

 

Amazonプライムフォトで写真を共有する時の3つの注意点

Amazonプライムフォトで写真を共有する時の3つの注意点

Amazonフォトで写真を共有する時の注意点は3つ。

ファミリーフォルダに招待する時や、共有リンク(URL)で写真を共有する時に、トラブルに巻き込まれないようにこの3点は守りましょう。

 

写真を共有する時の注意点

  • 招待する時にはメールアドレスの間違いに注意
  • ファミリーフォルダに自動アップロードする設定を確認する
  • 個人情報・機密情報に関する写真は共有リンクで送らない

 

招待する時にはメールアドレスの間違いに注意

ファミリーフォルダに招待

ファミリーフォルダに招待する時には相手の

  • メールアドレス
  • 電話番号

のどちらかを使います。

 

相手のメールアドレスや電話番号を入力する時に、間違えないように注意しましょう。

相手を間違えて招待すると「ファミリーフォルダ」の写真がすべて見られてしまいますから。

 

ようた
送る前にメールアドレスの間違いがないか確認しよう!

 

ファミリーフォルダに自動アップロードする設定を確認する

ファミリーフォルダに自動アップロード

「ファミリーフォルダにアップロードを追加」の設定をONにしておくと、Amazonフォトに保存された写真が自動的に「ファミリーフォルダ」に追加されます。

要するに、Amazonフォトの写真がすべて家族に共有されてます。

 

スマホで撮る写真やスクショする画像の中で「この写真は家族と共有したくない」といったものがあれば、この設定はOFFにしておきましょう。

 

初期設定では「ファミリーフォルダにアップロードを追加」がONになっています。

 

ようた
家族にも見られたくない写真はありますよね?自動的に追加する設定はOFFにしておこう!

 

ファミリーフォルダにアップロードの追加をOFFにする

ファミリーフォルダに自動アップロードをOFFにする1-1

①Amazonフォトを開き左上の[Amazonマーク]をタップ。

②次に画面右上の[歯車(設定マーク)]をタップする。

 

ファミリーフォルダに自動アップロードをOFFにする2

③[ファミリーフォルダーの設定]をタップする。

④[ファミリーフォルダにアップロードを追加]をタップして、OFFにしましょう。

 

個人情報・機密情報に関する写真は共有リンクで送らない

共有リンク(URL)を使って写真を共有する時に気をつけてほしいことは、

  • 個人情報が載った写真は送らない
  • 機密情報が載った写真は送らない

の2つです。

 

例えばこんな写真。

  • 免許書やマイナンバーカードの写真
  • 住所が書かれた郵送物
  • クレジットカードの写真
  • ログインパスワードを書いたメモ など

 

共有リンクは、URLを知っている人なら誰でも写真がダウンロードできます。

例えば、友達に共有リンクを送っても、その友達が誤ってSNSで共有リンクを拡散した場合、全世界の人から写真を見られますから。

 

ようた
共有リンクは簡単に写真を共有できる反面、使い方にも気をつけましょう。

\Amazonプライム公式サイト/

Amazonプライムを30日間無料で使ってみる

\学生限定!Prime Student公式サイト/

Prime Studentを6か月間無料で使ってみる

 

【家族と写真を共有】「ファミリーフォルダ」で共有する方法

【家族と写真を共有】「ファミリーフォルダ」で共有する方法

家族や知人とファミリーフォルダで写真を共有するのは、この3ステップです。

 


  • step.1

    管理者が家族や知人をファミリーフォルダに招待する


  • step.2

    招待を受けた人がファミリーフォルダに参加する


  • step.3

    ファミリーフォルダに共有する写真を追加する


 

管理者がファミリーフォルダに招待する方法

ファミリーフォルダに招待する方法

 

Amazonプライム会員は最大5名まで、ファミリーフォルダに招待することが可能です。

プライム会員は「管理者」になり、相手のメールアドレスか電話番号を使って招待します。

 

①Amazonフォトを開き右上の[人型マーク]をタップ。

②次に[招待]をタップします。

③ファミリーフォルダにユーザーを招待する画面が表示されるので、招待したい相手の「メールアドレス」か「電話番号」を入力。

④メールアドレスもしくは電話番号に間違いがないことを確認し、[招待を送信]をタップ。

 

これでファミリーフォルダへの招待は完了です。

 

招待される人がファミリーフォルダに参加する方法

ファミリーフォルダに招待を受けた人は、自分のAmazonアカウントを使って参加します。

Amazonアカウントは無料で作成できるので、自分のアカウントがない人は作っておきましょう。

 

ファミリーフォルダに招待を受ける

①Amazonフォトから送られてきたメールを開き、[今すぐ開始]をタップ。

②自分のAmazonアカウントとパスワードを入力。

③[ログイン]をタップする。

④[承諾]をタップして、ファミリーフォルダに参加できます。

 

ファミリーフォルダに共有する写真を追加する

ファミリーフォルダに参加する

Amazonフォトに保存した写真を、自動的にファミリーフォルダに追加する設定をOFFにした場合、追加する写真を自分で選ぶことになります。

 

自分で選択した写真をファミリーフォルダに追加する方法は以下の通り。

 

①ファミリーフォルダで共有したい写真を選択する。

②画面左下の[共有]ボタンをタップ。

③[ファミリーフォルダに追加する]をタップする。

④ファミリーフォルダに追加しましたとのメッセージが表示されれば、追加完了です。

 

【不特定多数と写真を共有】写真の共有リンク(URL)で共有する方法

【不特定多数と写真を共有】写真のURL(共有リンク)で共有する方法

Amazonフォトに保存した写真は、不特定多数とも共有することができます。

 

Amazonフォトから共有したい写真の共有リンク(URL)を作成して、そのURLを共有相手に教えるだけです。

URLを知った人は、誰でもその写真がダウンロードできる点に、気をつけてください。

 

共有リンクで写真を転送する

①共有したい写真を選択。

②画面左下の[共有]ボタンをタップ。

③[リンクをコピー]をタップする。

④共有リンク(URL)のコピーが完了します。

⑤写真を共有したい相手にメールやLINE等でURLを伝えるだけです。

 

ココがポイント

共有リンクを受け取った人は、URLをクリックすれば写真がダウンロードできます。

ダウンロードするのに、Amazonアカウントは不用です。

\Amazonプライム公式サイト/

Amazonプライムを30日間無料で使ってみる

\学生限定!Prime Student公式サイト/

Prime Studentを6か月間無料で使ってみる

 

【共有の停止】「ファミリーフォルダ」の共有をやめる方法

【共有の停止】「ファミリーフォルダ」の共有をやめる方法

ファミリーフォルダに招待した人は、管理者からメンバーとして削除されない限り、メンバー同士で写真が共有できます。

 

写真の共有を停止するためには、ファミリーフォルダのメンバーからの削除が必要です。

ファミリーフォルダからメンバー削除する方法は以下の通り。

 

ファミリーフォルダからメンバを削除する➀

WEBブラウザでAmazonフォトを開きます。画面左側の[ファミリーフォルダ]をクリック。

 

ファミリーフォルダからメンバを削除する➁

②削除するメンバーの[バツ]ボタンをクリックします。

 

ファミリーフォルダからメンバを削除する③

③2カ所にチェックを入れます。

④[削除]ボタンをクリックすれば、メンバーからの削除が完了です。

 

容量無制限で写真共有ができる無料クラウドサービスとの比較

容量無制限で写真共有ができる無料クラフトサービスとの比較

 

Amazonフォト以外のサービスで、

  • 家族と写真を共有する
  • 不特定多数の人と写真を共有

することができる無料サービスを紹介します。

 

無料の写真共有サービス

  • みてね:写真が無料・無制限に家族と共有できる
  • Send Anywhere:ワンタイムキーを使って写真を共有する

 

写真の共有をメインにAmazonフォトの利用を検討している方は、無料で使える他のサービスとも比較検討するといいでしょう。

 

【みてね】写真が無料・無制限に家族と共有できる

みてね

(引用:https://mitene.us/

 

「みてね」は、家族や大切な人と写真共有することに特化した、オンラインフォトストレージサービスです。

有料版もありますが、無料でも十分利用できるサービスですよ。

 

 

「みてね」の特徴

  • 招待した家族とだけ写真を共有できる。
  • 写真は無制限で共有できる
  • 写真にコメントを書き込め、家族でコメントのやり取りができる
  • アップロードした写真をまとめた動画が定期的に届くので、写真の振り返りができる
  • 家族が共有した写真を見たのか履歴で確認ができる

 

写真にコメントできるのがAmazonフォトにない機能。

例えば、子どもが運動のリレーで一番になった写真に対して、お父さんがコメント記入、その写真とコメント見た、おばあちゃんが更にコメントを書くこともできます。

 

写真とあわせてコメントを残して成長の記録として保管可能です。

 

【Send Anywhere】ワンタイムキーを使って写真を共有する

Send Anywhere

(引用:https://send-anywhere.com/ja/

 

「Send Anywhere」は、ワンタイムパスワードを使って不特定多数の人に写真を送ることができるサービスです。

 

「Send Anywhere」の特徴

  • 会員登録不要で、簡単に写真(ファイル)転送ができる
  • PC、スマホやタブレットとさまざまな端末で写真が共有できる
  • 6桁のワンタームパスワードかQRコードを使ってダウンロードする

 

写真を転送する
Send Anywhereで写真を転送する

転送したい写真を選択して[送信]をタップ。

6桁のワンタイムパスワードとQRコードが発行されるので、写真を転送したい相手に伝えるだけ。

 

写真をダウンロードする
Send Anywhereでファイルをダウンロードする

相手から受け取ったワンタイムパスワードを入力して、ダウンロードするだけ。

 

ワンタームパスワードの有効期限は10分間です。

有効期限が切れたパスワードでは、写真(ファイル)のダウンロードができなくなるので安心。

 

Amazonフォトの共有リンクには、ワンタイムパスワードを使った写真転送になります。

パスワードに有効期限が設定されているのは安心ですね。

 

まとめ:Amazonプライムフォトで写真を共有する

まとめ:Amazonフォト

Amazonフォトの写真は簡単に共有することができます。

 

写真を共有する方法

  1. ファミリーフォルダに招待する
  2. 共有リンク(URL)を送信する

 

Amazonフォトはプライム会員の契約者が、プライム会員ではない家族でも最大5名まで招待することができます。

 

ポイント

招待された人は、Amazonプライム会員でなくても、「写真なら無制限」「動画は5GB」までとプライム会員と同様にAmazonフォトが利用可能です。

 

プライム会員の管理者と、最大5名までの招待した人とで「ファミリーフォルダ」を使って簡単に、写真を共有することもできます。

 

また、Amazonフォトから選んだ写真を特定多数の人に転送することも可能です。写真の転送には、共有リンク(URL)を発行して相手に送信するだけでOKです。

 

Amazonプライム会員なら、このように便利に写真も共有できますので、一度無料トライアルでお試しください。

\Amazonプライム公式サイト/

Amazonプライムを30日間無料で使ってみる

\学生限定!Prime Student公式サイト/

Prime Studentを6か月間無料で使ってみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ようた

現役大学職員が大学生を応援する情報を発信しています。【経歴】理系大学卒業→大手自動車メーカーに就職→大学職員に転職【趣味】愛する読書でインプットした情報から大学生に役立つ情報を伝えてきます。【モットー】行動力と思考力を鍛えて「二兎を追って二兎を得る」

-サブスク, ライフハック