ガジェット スマホ

LINEMOと楽天モバイルを徹底比較!実際に使って分かった2社のメリット・デメリット

LINEMOと楽天モバイルの徹底比較
困ってる人

  • 毎月のスマホ代を安くしたい
  • LINEMOか楽天モバイルで悩んでいる
  • LINEMOと楽天モバイルのリアルなレビューを確認したい

 

こんな悩みを解決していきますね。

 

ようた
本記事は、LINEMOと楽天モバイルを実際に使った筆者が、この2社を徹底比較しています。

 

本記事の内容

  • LINEMOと楽天モバイルの違い、特徴が分かる
  • LINEMOと楽天モバイルのリアルな口コミが聞ける
  • LINEMO、楽天モバイルがおすすめ人の特徴が理解できる

 

本記事を読むことで、LINEMOと楽天モバイルで悩んでいる人が「自分にはどちらが合っているのか」をスッキリ理解できます。

サックと読めるように工夫しているので、最後まで読んでください。

 

LINEMO、楽天モバイルの比較

比較

 

LINEMOと楽天モバイルについて、それぞれの特徴・概要について理解してから、比較していきましょう。

 

LINEMOの特徴

LINEMO(ラインモ)は、ソフトバンクの新しいモバイルブランドです。

LINEMOは、ソフトバンク回線をそのまま利用しているので、低料金でありながら高速通信を実現しています。

 

特徴

LINEMOの特徴

  • 契約プランは2種類とシンプル
  • ソフトバンク回線で高速回線
  • 5分以内の通話かけ放題オプションが一年間無料
  • LINEのギガを消費しない
  • 事務手数料は無料
  • 契約期間のしばりなし
  • 実店舗でのサポートがない

 

概要一覧

データ量
  • ミニプラン:3GB
  • スマホプラン:20GB
月額基本料(税込)
  • ミニプラン:990円
  • スマホプラン:2,728円
データ量超過後の通信速度
  • ミニプラン:300kbps
  • スマホプラン:1Mbps
余ったデータの翌月繰り越し 不可
テザリングの利用 可(無料)
事務手数料 無料
契約期間のしばり なし(解約金0円)
MNP転出手数料 無料
支払方法
  • クレジットカード
  • 口座振替

ミニプランで3GBのデータ量を消費すると、速度制限がかかり300kbpsでの通信になります。

一方で、スマホプランなら20GBのデータ量を消費すると、速度制限は1Mbpsです。

 

ようた
「300kbps」ではYouTubeの標準画質再生は諦めましょう。低画質(144p)もモノによっては、視聴が困難です。

 

「1Mbps」なら、YouTubeはストレスなく視聴できるレベルです。
ようた

 

\ミニプランが最大8ヶ月間基本料実質無料/

 

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは、月額最大3,278円でデータ無制限とシンプルかつ低料金が特徴です。

電話は「Rakuten Link」という通話アプリから発信すれば、通話料「無料」でかけ放題になります。

 

特徴

楽天モバイルの特徴

  • 契約はワンプランとシンプル
  • 月額3,278円でデータ無制限と安い
  • 通話アプリで通話料が24時間無料でかけ放題
  • 楽天回線エリア外での高速通信は5GBまで
  • テザリングも無制限で利用可能
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 事務手数料は無料
  • 実店舗あり

 

概要一覧

契約プラン Rakuten UN-LIMIT VII
月額基本料(税込)
  • ~3GB:1,078円
  • 3GB~20GB:2,178円
  • 20GB~無制限:3,278円
テザリングの利用 無制限で利用可
事務手数料 無料
契約期間のしばり なし(解約金0円)
MNP転出手数料 無料
支払方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
  • 楽天ポイント支払い

 

ようた
データ無制限で安いプランを探している方にとっては、魅力的なプランです。

 

楽天回線エリア内なら、テザリングも無制限に利用できるのでポケットWiFiの代わりとして使える。
ようた

 

ようた
「Rakuten Link」から発信すれば、通話料「無料」でかけ放題なので、電話代を安くしたい人に魅力のプラン。


LINEMO、楽天モバイルの比較早見表

LINEMOと楽天モバイルの仕様概要の比較です。マーカーが引いてある箇所が大きな違いになります。

 

LINEMO 楽天モバイル
契約プラン
  • ミニプラン:3GB
  • スマホプラン:20GB
Rakuten UN-LIMIT VII
月額基本料(税込)
  • ~3GB:990円
  • 3GB~20GB:2,728円
  • ~3GB:1,078円
  • 3GB~20GB:2,178円
  • 20GB~無制限:3,278円
通話オプション
  • 月額550円:5分以内の国内通話が無料
  • 月額1,650円国内通話がかけ放題
Rakuten Linkを使って無料でかけ放題
テザリングの利用 利用可 無制限で利用可
事務手数料 無料 無料
契約期間のしばり なし(解約金0円) なし(解約金0円)
MNP転出手数料 無料 無料
支払方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
  • クレジットカード
  • 口座振替
  • 楽天ポイント支払い

 

LINEMOが有利

  • 3GB以下ならLINEMOの方が安い
  • 5分以内の通話かけ放題が1年間無料で利用可能
  • LINE電話ならデータ消費なしでかけ放題
  • ソフトバンク回線を利用による高速通信

 

ようた
5分以内の国内通話が定額になる通話オプションが1年間無料キャンペーン中です。

 

\ミニプランが最大8ヶ月間基本料実質無料/

 

楽天モバイルが有利

  • 月額3,278円と低料金で20GB~無制限まで利用可能
  • 通話アプリを使えば、電話は無料でかけ放題
  • 通話を多用するユーザーは長期的にみると楽天モバイルがお得

 

ようた
10月31日まで1GBまで実質無料で利用でできるキャンペーン中です。

 

\楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!/

 

LINEMOのメリット・デメリット

LINEMOのメリット

 

LINEMOのメリットとデメリットについて紹介します。

 

メリット

  • 月額料金が安い
  • 5分かけ放題オプションが1年間無料で利用できる
  • 追加料金なしで5G通信を利用できる
  • ソフトバンク回線が利用できるので安定した通信速度
  • LINEのデータは使い放題
  • テザリングが無料
  • 事務手数料が無料

デメリット

  • 留守番電話が有料
  • 実店舗でのサポートを受けることができない
  • 20GB以上の大容量プランがない
  • データ繰り越しができない
  • 家族割引がない
  • キャリアメールの持ち運びは有料

 

詳しく見ていきましょう。

 

LINEMOのメリット

LINEMOのメリットについて、大きく4つの点から具体的に見ていきましょう。

 

月額料金が安い

LINEMOは、3GBまでなら月額990円、3GB~20GBまでなら月額2,728円と低料金なのが魅力です。

さらに、5分以内の国内通話が無料になる通話オプションが「1年間無料」でついてきます。

 

携帯会社・格安SIMの料金比較SIM

無制限 ~20GB ~10GB ~7GB ~5GB ~3GB ~1GB
楽天モバイル 3,278円 2,178円 1,078円
au 7,238円 7,238円 7,238円 6,765円 5,115円 3,465円
ソフトバンク 7,238円 7,238円 5,478円 3,278円
ドコモ なし 7,018円 6,578円 5,368円~ 4,378円 3,278円
povo2.0(au) なし 2,700円 990円
ahamo(ドコモ) なし 2,970円(1回5分以内の国内通話無料
LINEMO なし 2,728円 990円
UQモバイル なし 3,828円 2,728円 1,628円
Y!mobile なし 2,970円 2,090円 990円
OCNモバイルONE なし - 1,760円 1,320円 1,320円 990円 770円
IIJmio なし 2,000円 1,800円 1,500円 990円 850円
NUROモバイル なし 1,760円 1,485円 990円 792円

 

1年間は5分以内の国内電話が無料で使える点を考慮すると、格安SIMの各社と比較しても月額料金が安さが理解できるでしょう。

3GBまでの低容量プランを契約中の方は、LINEMOが乗り換え先の最有力候補になりますね。

 

安定した通信速度で利用可能

LINEMOの魅力は格安プランでありながら、ソフトバンク回線を利用しているので、安定した通信速度で利用できます。

「格安SIMに替えたら、ネットが遅くて使えない!」といった不満は少ないでしょう。

 

時間帯 下り 上り
73.12Mbps 15.18Mbps
59.18Mbps 13.49Mbps
夕方 65.84Mbps 13.43Mbps
40.65Mbps 18.08Mbps
深夜 58.54Mbps 13.99Mbps

(参考:みんなのネット回線速度

 

下り50Mbpsあれば、快適にインターネットが利用できます。オンラインゲームもサクサクでき、動画配信サービスでの映画も問題なく試聴可能です。

 

さらに、通信が混雑しがちな「夜」の時間帯も 40Mbpsの速度が出ています。40Mbpsでも動画視聴はストレスなくできますし、オンラインゲームでも十分動かすことが可能です。

 

LINEのデータ消費せずに使い放題

LINEMOはLINEのデータ消費フリーなので、LINEアプリでのトーク、音声通話だけではなく、ビデオ通話も通話時間を気にせずに利用できます。

LINEで容量の大きな写真や動画のアップロードも、ギガ消費はフリーです。

データを使い切って通信制限がかかった状態でも、LINEアプリの通信速度は落ちないので、トークや音声通話、ビデオ電話は通常通り利用できるのも嬉しいポイントですね。

 

注意ポイント

一部LINEギガフリーの対象外があります。

  • トークでの位置情報の共有・Liveの利用
  • スタンプショップの理容
  • ニュース記事の閲覧など

 

5分かけ放題オプションが1年間無料

「5分以内の国内通話が無料」の通話オプションが、LINEMO契約から1年間無料のキャンペーン中です。

5分以下の国内電話なら何度かけても無料になります。

 

ようた
電話をよく利用する方は、このキャンペーンは見逃せないですね。

 

LINEMO電話代、通話オプションは以下の通りです。

  • 通話料(22円/30秒):ナビダイヤルなど異なる料金の電話番号あり
  • 通話準定額(税込550円/月):5分以内の国内通話が無料
  • 通話定額(税込1,650円/月):通話時間・回数ともに無制限で、国内通話がかけ放題

 

さまざまな手数料が無料

契約時の事務手数料、解約・MNP転出料が「無料」です。契約しばりもないので、気軽に契約・解約できるのが魅力です。

 

テザリングも無料で利用できます。急遽外出先でPCやタブレットなどでインターネット利用したい際に便利ですね。

\ミニプランが最大8ヶ月間基本料実質無料/

 

LINEMOのデメリット

LINEMOにもデメリットがあります。

 

留守番電話が有料

留守番電話サービスを利用するには月額220円かかります。

2020円10月4日から「留守電パック」がスタートしたので、有料ですがLINEMOでも留守番電話が利用可能になりました。

楽天モバイルやワイモバイルなど、格安SIMでも留守番電話が無料で利用できるものもあります。

 

契約・問い合わせは全てチャット

LINEMOは実店舗がありません。

「契約手続きに関すること」「操作についての不明点」など、分からないことがあれば、チャットでの問い合わせになります。電話でのサポートはありません。

 

AIチャットだけではなく、オペレーターが回答してくれるチャットがあるので、こちらの質問をしっかり理解して回答してくれますよ。

店舗でサポートを受けたい方は、注意しましょう。

 

20GB以上の大容量プランがない

LINEMO は「3GBまで」「20GBまで」の2プランしかありません。

毎月、20GB以上利用している方は、通信量100GBや無制限プランがあるキャリアを選ぶと良いでしょう。

 

楽天モバイルのメリット・デメリット

楽天モバイルのメリット

 

楽天モバイルのメリットとデメリットについて紹介します。

 

メリット

  • 契約プランは1つのみとシンプル
  • 月額3,278円でデータ無制限という安さ
  • テザリングも追加料金無しで使いたい放題
  • 通話アプリの利用で24時間無料で電話がかけ放題
  • 追加設定なしで海外でも利用可能
  • 楽天ポイントが使える・貯まる
  • 実店舗がある

デメリット

  • データが使い放題となるエリアは限られている
  • 通話アプリでの電話の品質が微妙
  • 場所によって繋がりにくいことがある
  • 通信が不安定なことがある

 

詳しく見ていきましょう。

 

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリットについて、大きく4つの点から具体的に見ていきましょう。

 

シンプルかつ格安プラン

楽天モバイルプラン

(参考:楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルは、データ消費量によって月額料金が変動するワンプランになっています。

データを無制限で利用しても月額3,278円(月額)と料金の安さが魅力です。

 

注意ポイント

無制限は楽天回線エリアのみなので、注意しましょう。

 

テザリングも追加料金なしで無制限に利用可能

「テザリングは30GBまで」など制限がかかる大手キャリアのもありますが、楽天モバイルはテザリングも「追加料金なし」で無制限に利用できるのが魅了です。

テザリングでもデータ無制限で利用できるので、楽天モバイルをポケットWiFiのような使い方ができます。

 

ようた
テザリングも無制限で使えるので、ポケットWiFiいらずです。

 

通話アプリ「Rakuten Link」からの電話は24時間いつでも無料

Rakuten Linkは楽天モバイル専用の通話アプリです。

Rakuten Linkから電話をかけると、通話時間・回数とも無制限で無料通話ができます。

 

ようた
電話をよく利用する人にとっては、無料で通話し放題なのでお得ですね。

 

追加設定なしで海外でも利用可能

海外指定66の国と地域で毎月2GBまで無料で利用できます。他にも楽天モバイルなら、海外でも便利に利用可能です。

 

ポイント

  • 海外指定66の国と地域で毎月2GBまで無料
  • Rakuten Linkを利用すれば国際通話が無料
  • Rakuten Link同士なら国際SMSの送受信が無料

 

海外でも追加設定なしで利用できるので便利ですね。

 

\楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!/

 

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルにもデメリットがあります。大きなデメリットは、通信の安定性が低いこと、通話アプリの品質が微妙な点です。

 

データが使い放題となるエリアは限られている

楽天回線エリア

(参考:楽天モバイル公式サイト サービスエリア

 

楽天モバイルを利用する場所が、「楽天回線エリア」か「パートナー回線エリア」なのか事前に確認しておきましょう。

 

データ通信が無制限で利用できるのは「楽天回線エリア」のみです。「パートナー回線エリア」では月5GBが上限となり、5GBを超過すると最大1Mbpsの速度制限がかかります。

 

「1Mbps」なら、YouTubeはストレスなく視聴できる速度レベルです。

ちなみに、LINEMOの「スマホプラン(月20GB)」でも、20GBを超えると最大1Mbpsの速度制限がかかります。

 

ネットに繋がりにくい、不安定

楽天回線エリアなのに、インターネットに接続できないことがあります。私も土日によく遊びに行く場所が、楽天回線エリアなのに、インターネットに接続できない場所がありました。

 

さらにショッピングモールなどの施設の中でもインターネットに接続できないこともあり、スマホのコード決済が利用できなくて困ったことも。

 

楽天モバイルは、通信の速度と安定性を求める人にとってはおすすめできません。

 

通話アプリ「Rakuten Link」での通話品質には注意

Rakuten Linkでの通話品質が悪いといった口コミをよく目にします。

私も2年間楽天モバイルを利用しましたが、Rakuten Linkでの通話品質が悪くてストレスをかけていました。

 

 


実際に使って感じたLINEMO・楽天モバイルがおすすめな人

メリット

 

LINEMO、楽天モバイルをおすすめする人は、以下の通りです。どちらにするか迷っている方は、参考にしてみてください。

 

LINEMOがおすすめ人

  • 安定した通信が利用でき、スマホ代を安くしたい
  • 5分かけ放題オプションが1年間無料にメリットを感じている人
  • LINEの利用頻度が高い人
  • 毎月、20GB以上使用しない人

 

楽天モバイルからLINEMOへの切り替え方法や注意点については、こちらの記事を参考にしてください。

RakutenオリジナルスマホはLINEMOでも使える
参考RakutenオリジナルスマホはLINEMOでも使える?乗り換え方法、注意点を解説

続きを見る

 

楽天モバイルをおすすめする人

  • 楽天回線エリア内で利用する人
  • データ容量を気にせずに使ってもスマホ代を安くしたい人
  • テザリングを無制限で利用したい人
  • 通信の安定しなくても妥協できる人
  • 通話アプリの品質が微妙でも気にしない人
  • 楽天サービス(楽天ポイント)をよく利用する人

 

ようた
LINEMOは、3GBまでの「スマホプラン」×1年間の5分間かけ放題通話オプションで990円は格安です。

 

楽天モバイルは、テザリングでもデータ無制限に使えて月額3,278円は格安ですね。
ようた

 

ようた
LINEMOは、1年間の5分間かけ放題通話オプションはいつ終了するか分からないので、早めに申し込みとすると良いですよ!

 

LINEMOか楽天モバイルで悩んでいる方へ【私がLINEMOを選んだ理由】

スマホ迷う

 

私は2020年から2年間「楽天モバイル」を利用したのち、LINEMOに乗り換えました。

楽天モバイルを選んだ理由、なぜLINEMOに乗り換えたのかについて、説明してきます。

 

私が楽天モバイルを選んだ理由

私が楽天モバイルを選んだ時には、1年間無料キャンペーンを行っていたので、「1年間無料で使えるから」という理由からでした。

その後、Rakuten UN-LIMIT VIプランでは、1GB未満は「0円」だったので、不満はありながらも利用し続けていました。

私が楽天モバイルに不満を感じていたのは、大きく3点です。

 

  • 休日出先でネットに繋がらないことが多々ある
  • 施設内でネットに繋がらないことが多々ある
  • Rakuten Linkで電話すると、相手から何度も聞き直されることにイライラ

 

特にRakuten Linkの品質が悪く、会社の同僚、家族からも「あなたとの電話はストレスがかかる」と言われることも何度かありました。

実際に私が2年間、楽天モバイルを使って感じた辛口レビューは、こちらの記事を見てもらえると嬉しいです。

楽天モバイルの辛口レビュー
参考楽天モバイルを実際に2年使った感想を徹底レビュー!【辛口評価】

続きを見る

 

\楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!/

 

私がLINEMOを選んだ理由

これまで品質が悪くても1GB未満なら無料なので楽天モバイルを使い続けていましたが、新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」では1GB未満「0円」が廃止されることを機に乗り換えを検討しました。

私が乗り換え先に求めたのは、以下の3点です。

 

  • 低容量でも安さ重視
  • 安くても安定した通信品質がある
  • 定額の電話オプションがある

 

私は電話の利用頻度が高いため、電話オプションをつけても月額料金が安くなるところを探していました。

さらに月3GBもあれば十分なので、低容量でも通信が安定していることをポイントとしました。

 

  • LINEMOはソフトバンク回線を利用している格安SIMであったこと
  • 3GBまで990円と格安であり、5分間かけ放題の電話プランが1年間無料だったこと
  • 契約縛りがないので、1年後には事務手数料も無料で解約できること

 

以上の理由から、3GB未満で楽天モバイルを使っていた私からすると、LINEMOに乗り換えると料金も安くなるし、ストレスなく電話もできるので、乗り換えることを決めました。

これが、私がLINEMOを選んだ理由です。少しでも参考になれば幸いです。

\ミニプランが最大8ヶ月間基本料実質無料/

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ようた

現役大学職員が大学生を応援する情報を発信しています。【経歴】理系大学卒業→大手自動車メーカーに就職→大学職員に転職【趣味】愛する読書でインプットした情報から大学生に役立つ情報を伝えてきます。【モットー】行動力と思考力を鍛えて「二兎を追って二兎を得る」

-ガジェット, スマホ