ネット

【保護者必見】大学生一人暮らしのインターネット回線の選び方と「ホームルーター」がおすすめな理由

ホームルーターがおすすめ
困ってる人
一人暮らしの大学生におすすめのインターネット(Wi-Fi)回線を知りたい。

 

オンライン授業を快適に受けられるようにインターネット環境を整えたい。
困ってる人

 

困ってる人
一人暮らしはお金がかかるので、通信費用を安くしたい。

 

「オンライン授業を受ける」「メッセージツールを使う」「YouTubeで動画を見る」など、大学生活を送るうえで、ネット環境は必要不可欠です。

 

ようた
本記事では一人暮らしを始める大学生・保護者の方に向けて、インターネット回線の選び方と、おすすめのネット回線について解説します。

 

この記事を書いた人

ブログ_この記事を書いた人

 

一度契約したら長く使い続けるものだから、インターネット選びは重要です。

「速度制限がかかってオンライン授業に参加できない」「スマホ代もあわせると毎月高額な通信費がかかる」とならないように、ネット選びには注意が必要です。

 

インターネット回線選びのポイント

  1. 通信容量は無制限
  2. 契約期間の縛りなし
  3. 通信の安定性
  4. 通信費(スマホ代を含む)

 

上述したポイントを考えてインターネット選びをしましょう。

 

本記事の結論

  • 大学生の一人暮らしには「ホームルーター」がおすすめです。
  • オンライン授業も快適に受けられる、ドコモのホームルーター「home 5G」をおすすめします。

 

本記事を読み終えると、大学生の一人暮らしにはホームルーターが適していると理解できます。

 


 

インターネット回線は3種類

3種類のインターネット回線

 

インターネット回線は3種類あります。

まずはインターネット回線ごとの特徴を把握しておきましょう。

 

インターネット回線の種類

  1. 固定回線(光回線)
  2. ホームルーター
  3. モバイルルーター(モバイルWi-Fi)

 

それぞれの特徴です。

 

ホームルーター モバイルルーター

(モバイルWi-Fi)

固定回線

(光回線)

通信の安定性
通信速度
容量 無制限

※データ使用量によっては通信制限がかかる場合がある

完全無制限
持ち運び ×
工事の必要 なし なし あり

※開通工事費:15,000円~30,000円ほど

※撤去工事費がかかる可能性もある

利用開始までにかかる時間 申し込みから数日後 申し込みから数日後 申し込みから1ヵ月以上かかることもある
月額料金 3,000円台~5,000円台 3,000円台~5,000円台 4,000円台~6,000円台

 

3種類のインターネット回線のポイントをまとめます。

 

インターネット回線の比較

  • 通信速度・安定性は、固定回線 > ホームルーター > モバイルルーター
  • データ量は固定回線なら完全無制限。無制限のホームルーターでも使い方によっては通信制限がかかるので注意しましょう。
  • ホームルーター、モバイルルーターは工事不要ですぐに使えます。
  • モバイルルーターは持ち運びができるので、出先でもインターネット環境を整えられます。

 

大学生一人暮らしのインターネットの選び方

選び方

 

大学生の一人暮らしでインターネット環境を導入する際、注意してほしいことは3点です。

 

大学生一人暮らしのインターネット選びの注意点

  1. 大容量の通信が想定される
  2. 引っ越しを想定しておく
  3. 大学に行けばネットワーク環境がある

 

上述した3点について詳しく説明します。

 

大容量の通信が想定される

オンライン授業だけで月間30GB~40GBの通信量が必要だと言われています。

 

家でYouTubeやNetflix などで動画を見ることも考えると、学生生活では多くのデータ容量を消費しますね。

 

例えばYouTubeの標準画質である480pで動画視聴した場合、1GBで1時間半~2時間ほど視聴できます。

毎日YouTubeの画質を480pにして、1時間半くらい動画を見れば「1ヵ月で30GB」。

オンライン授業のデータ量とあわせると、60~70GBの通信量が必要になります。

 

引っ越しを想定しておく

インターネットを契約する時、2年間などの「契約期間の縛り」には注意してください。

「2年契約だから2年後に解約すれば違約金はかからないでしょ」と勘違いをしている方が意外と多いです。

 

2年契約でも「契約の自動更新」を設定している回線業者が多く、最初の2年間の契約が終わると、また新たな2年間の契約がスタートします。

 

違約金を払わずに解約するには、「契約更新月」に解約しなければなりません。

「契約更新月」は、契約が自動更新される1~2ヵ月前に設定されていることが多いです。

 

ようた
固定回線(光回線)は「2年自動更新」などの契約期間に縛りが設定されていることが多いので、契約前に確認しておきしょう。

 

引っ越しのタイミングはさまざまですね。

 

(例)大学生が引っ越しをするタイミング

  • 就職先が遠方なので卒業後に引っ越す
  • 大学4年生になり授業が週1回になったので実家に戻る
  • 3年生に進級すると通学するキャンパスが変わる

 

インターネット契約は引っ越しを前提に検討しましょう。

 

大学に行けばネットワーク環境がある

大学では無料の無線Wi-Fiが利用できます。

大学に行けば、自分のノートPCやスマートフォンをWi-Fiに接続することができますよ。

 

通学距離が短い大学生の一人暮らしが、自身のギガを消費する場所のメインは「下宿先」です。

外出中にノートPCをWi-Fiに接続したくなったら、スマートフォンのテザリングを使えば事足ります。

 

メモ

テザリングとはスマートフォンをモバイルルーターのように使ってWi-Fi接続ができる機能です。

 

スマホがモバイルルーターの代わりになります。

最近は大容量のスマホプランに契約している方も多いので、わざわざモバイルルーター(モバイルWi-Fi)を持ち歩く必要がありません。

 

大学生の一人暮らしには「ホームルーター」がおすすめな理由

おすすめ

 

大学生の一人暮らしには、モバイルルーターが必要ないことを説明しました。

ここからは「ホームルーター」と「固定回線」を比較しながら「ホームルーター」が大学生の一人暮らしにおすすめな理由を説明します。

 

「ホームルーター」と「固定回線」の具体的な違いを理解しておきましょう。

 

ホームルーターと固定回線

 

ホームルーターとは

ホームルーターとは、500mlのペットボトルくらいのサイズの機器をコンセントに挿すだけでネットワーク環境をつくることができる置き型のWi-Fiルーターです。

モバイル回線を使うので工事が不要で、すぐにインターネット環境を整えられるのが特徴です。

 

固定回線とは

固定回線は電柱から自宅まで、光回線などの物理回線を引く工事をすることでインターネットが利用できるようになります。
ホームルーターより高速で安定した通信を確保できることが特徴です。

 

「固定回線」と比較した「ホームルーター」のメリット

簡単にインターネット環境を整えられるのが、ホームルーター最大のメリットです。

 

ホームルーターのメリット

  • 工事の必要がない
  • 引っ越し先でも利用できる
  • 契約期限の縛りがない

 

数年で引っ越しをする可能性が高い大学生の一人暮らしには「引っ越し先でも利用できる」「契約期限に縛りがない」ことは、インターネット契約をする上で重要なポイントでしたね。

 

固定回線を利用するには、回線工事が必要です。

工事までには、申し込みをしてから1ヵ月以上かかることもあります。

 

工事の必要がない

ホームルーターを使用するのに回線工事は必要ありません。

申し込みをすると数日後にホームルーター本体が届きます。

ホームルーターを自宅のコンセントに挿入すれば、自宅でWi-Fiが利用できますよ。

 

引っ越し先でも利用できる

WiMAXのホームルーターは、持ち運んでコンセントに挿せばどこでも利用できます。

 

一方でドコモのホームルーター「home 5G」のように登録した住所でしか利用できないものもあります。

引っ越をした際には、住所変更手続きを行えば、引っ越し先でもホームルーターを利用できますよ。

 

ようた
ホームルーターの引っ越し手続きは簡単です。引っ越し先でもすぐに利用できます。

 

契約期限の縛りがない

「契約期限の縛りなし」「違約金なし」のホームルーターが増えています。

 

ホームルーターの契約プランで気を付けてほしいのは、途中解約した際の「ホームルーター本体にかかる残債」です。

ホームルーターの端末代は、おおよそ4万台~7万円台と高額。

 

ホームルーターの端末代は、36回の分割払いにすることで、月々割引と相殺されて、実質ゼロ円になる仕組みになっています。

「契約期間の縛りなし・違約金なし」と謳っていても、途中解約すると端末代の残債を払わなければいけません。

 

ようた
途中解約による端末代の残債の支払いに注意しましょう。

 

「固定回線」と比較した「ホームルーター」のデメリット

固定回線と比較するとホームルーターにもデメリットはあります。

 

ホームルーターのデメリット

  • データ量が完全無制限ではない
  • 固定回線より通信速度が遅い

 

通信速度・安定性は、固定回線と比べるとホームルーターが劣ります。

 

データ量が完全無制限ではない

固定回線は通信量を気にせず、完全無制限で高速通信を維持したままインターネット接続ができます。

一方ホームルーターは、通信容量は無制限ですが「完全無制限」ではありません。

 

ホームルーターは短期間で大量のデータ通信を行うと、通信規制がかかる場合があります。

 

固定回線より通信速度が遅い

ホームルーターと固定回線(光回線)の速度は以下の通りです。

ホームルーターの「ドコモ home 5G」と、固定回線の「NURO光」のダウンロード・アップデート速度を比較しています。

 

ドコモ home 5G NURO光
平均ダウンロード速度 206.31Mbps 505.05Mbps
平均アップロード速度  22.26Mbps 440.53Mbps

(参考:みんなのネット回線速度

 

固定回線と比べるとホームルーターは、アップロード速度が遅くなる傾向が強いです。

アップロード速度が遅くなると、メールの送信や、ファイルをOneDriveなどのオンラインストレージにアップロードするのに時間がかかります。

 

アップロード速度が必要になる「オンラインゲームのライブ配信」などをする予定があるなら、固定回線を選ぶとよいでしょう。

 

ようた
オンライン授業で利用するZoomなどのWeb会議は、一般的にダウンロード・アップロード速度とも15Mbpsもあれば十分だと言われています。

 

オンライン授業を安心して受けることができる通信速度

  • ダウンロード速度:50Mbps以上
  • アップロード速度:20Mbps以上

 

これだけの速度があれば、安心してオンライン授業を受けることができます。

 

ようた
ドコモのホームルーター「home 5G」なら速度は問題ありませんね。

 

\Amazonギフト券 18,000円!/

home5G申込みはこちら

簡単1分で申し込み完了

 

おすすめのホームルーターは「ドコモ home 5G」一択

おすすめのホームルーター

 

主要なホームルーターはこの3つです。

 

主要なホームルーター3社

  • ドコモ home 5G
  • WiMAX+5G
  • ソフトバンクエアー5G

 

上記3つの対応エリア・料金・通信速度・契約期間などをまとめました。

 

ドコモ home 5G WiMAX+5G ソフトバンクエアー5G
申込窓口 GMとくとくBB GMとくとくBB モバレコエアー
対応エリア 全国ほとんどの地域で利用可能
(ドコモ回線が使える地域なら利用可能)
ほぼ全国 ほぼ全国
データ容量 無制限 無制限 無制限
端末代金 39,600円

※36ヵ月使用で実行無料

無料 59,400円

※36ヵ月使用で実行無料

契約期間 なし 3年 2年
月額料金
(税込み)
4,950円 1ヵ月目~24ヵ月目:4,158円

 

25ヵ月目以降:4,708円

1ヵ月目~2ヵ月目:2,167円

 

3ヵ月目~24ヵ月目:3,679円

 

25ヵ月目以降:5,368円

3年間の総額 178,200円 156,288円 149,688円

 

3年間使用した場合の料金については、「ソフトバンクエアー5G」が一番安かったです。

一番金額の高いドコモの「home 5G」でも月額5,000円を切ります。

 

ポイントは契約期間です。

 

「ドコモ home 5G」には契約期間がありません。3年以上使えば端末の残債を支払う必要もありません。

「ドコモ home 5G」は「WiMAX+5G」「ソフトバンクエアー5G」のように2、3年ごとの自動更新が設定されていないので、解約時の違約金を気にしなくても大丈夫です。

 

ようた
私が「ドコモ home 5G」のみをオススメするのは通信速度の圧倒的な速さです。

 

ドコモ home 5G WiMAX+5G ソフトバンクエアー5G
平均ダウンロード速度 206.31Mbps 53.88Mbps 42.12Mbps
平均アップロード速度  22.26Mbps 6.85Mbps 5.91Mbp

(参考:みんなのネット回線速度

 

「ドコモ home 5G」は「ダウンロード速度:50Mbps以上」・「アップロード速度:20Mbps以上」と、オンライン授業を安心して受けるには十分な速度です。

 

オンライン授業を安心して受けられる通信速度を期待できるホームルーターは「ドコモ home 5G」しかありません。


ドコモのオンラインショップから購入するとdポイントで15,000ポイントのプレゼントがあります。

 

ようた
こちらから申し込みをいただくと18,000円分のAMAZONギフト券のプレゼントがあります。ぜひお得に申し込みをしてください。

 

\Amazonギフト券 18,000円!/

home5G申込みはこちら

簡単1分で申し込み完了

 

まとめ

要約

 

大学生一人暮らしのインターネット回線の選び方と、おすすめのホームルーター「ドコモ home 5G」について紹介しました。

 

インターネット回線選びのポイントは以下の3点でした。

 

  1. 大容量の通信が想定される
  2. 引っ越しを想定しておく
  3. 大学に行けばネットワーク環境がある

 

固定回線の場合は、工事にが必要であることと、契約期間に縛りがあることが、4年後に引っ越しをする可能性がある大学生の一人暮らしには向きません。

 

固定回線の方が、通信速度・安定性ともに高いですが、ホームルーターの「ドコモ home 5G」であればオンライン授業にも十分な速度を期待できます。

 

インターネット環境を導入するのに、ホームルーターを選択するなら、「工事なし」「契約期間なし」「高速通信」のhome 5Gの一択しかありません。

 

これからオンライン授業の準備をする新入生・保護者の方向けに、オンライン授業の準備に必要な5つことをまとめています。

ぜひ参考にしてください

大学生オンライン授業の準備5ステップ
参考【保護者向け】大学のオンライン授業に必要な準備5つを解説

続きを見る

 

一人暮らしデビューをする学生さんが多いと思います。不安もありますよね。

下宿先ではゆったりとした時間を過ごせるように、良いインターネット環境を整えてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ようた

現役大学職員が大学生を応援する情報を発信しています。【経歴】理系大学卒業→大手自動車メーカーに就職→大学職員に転職【趣味】愛する読書でインプットした情報から大学生に役立つ情報を伝えてきます。【モットー】行動力と思考力を鍛えて「二兎を追って二兎を得る」

-ネット